From Noriko K./ 編集雑感



  • The Memoirist's Art

    不穏な事件が多く発生した夏でした。
    皆さま、お変わりなくお過ごしでしょうか?

    7月、8月と更新を夏休みしていましたが、9月11日に新しいシリーズ The Memoirist's Art をスタート致しました。
    どうぞ、お励ましのほどをお願い申しあげます。

    アメリカのニューヨークやワシントンなどで起きた、同時テロのニュースを明け方近くまで見ていました。12日の夕方(日本時間)になると、世界のいたる場所で、ひざまづき、祈る人たちの姿も映し出されました。
    私も、恐ろしい現実の映像から激しいショックを受けています。
    心から、犠牲になった人たちや、愛する人を奪われた人たちのために祈りを捧げます。

    ( 2001.9.13 川村法子 )



  • The Shape of Tokyo Dreams - Not on Any Other Day -

    美しい季節になりました。

    前回の[ My Heart Beat in the Big City ] 同様に JavaScript を使っての自動スライドショウによる閲覧となっております。 ご感想などをお寄せくださる折には、お手数ですが、ご使用のコンピュータ、ブラウザ、回線の状況、閲覧場所(ご自宅or職場...)をお書き添えいただけますようお願いを申しあげます。

    今宵は満月の夜(記憶ちがいでなければ)のはずです。
    美しい月明りを、5月の夜風とともに楽しみたいと思っています。
    皆様のもとにも、美しい光と、爽やかな風がとどきますように.....

    ( 2001.5.7 川村法子 )



  • The Shape of Tokyo Dreams - My Heart Beat in the Big City -

    2001年、21世紀最初の春を東京で過しています。

    昨年6月以来使用していた、コンパクトデジタルカメラ[IXY-Digital]に変わって、先月3月半ばより、[FinePix6800z]を使用し始めました。新シリーズの画像は全て、この新しいデジタルカメラによるものです。毎日、いろいろな状況での撮影に励んでいますが、使いこなすまでには至っていないようです。

    今回のシリーズでは、私の現実のなかで存在していた[物理的存在]を、出来る限り純粋に[視覚的ヴィジョン]として皆様に体験していただきたいと考えて、JavaScriptを使って自動スライドショウにしました。

    今回のシリーズを製作中にも試行錯誤は続きましたが、いつも最後には同じ思いのなかへ循環してゆくようでもあります。東京では、染井吉野は美しい新緑へとその花の姿を移して、遅咲きの八重桜が香しさを誇り始めています。
    [決してひとつ場所に止まることの出来ない存在]としての自分を意識するのに、春は多くのメタファを感じさせてくれました。

    ( 2001.4.16 川村法子 )



  • 三部作 ( trilogy ) : A Passing Dream を終了して

    今回、最終章をUPした三部作 A Passing Dream は、真剣な(?)恋愛感情を根幹において、
    儚くて ( fragile ) 到達しがたくて ( innaccessible )めぐりめぐる ( circulate )
    感情のもとに構成されました。

    どうぞ、最終章の CIRCULATE をご高覧ください。


    MONOLOGUE FOR A Passing Dream :

    ある昼下がりに、私は都心のレストランにいました。
    外は朝からの雪がしきりと降りしきっていましたが、私はそのときの誘惑的なスノーホワイトの輝きをずっと忘れられません。
    レストランのテーブルからは、大きなガラス窓を通して、音もなく降りしきるスノーフレークスと、雪の重みにしなりながら揺れ動く街路樹の姿が見えていました。

    私にはそのとき、空に垂直に伸びる木の幹としなやかな自由さをもって揺れる木の枝とが踊る人間のように思えました。

    (はたして木は生命のダンスを踊っているのか、それとも踊らされているのか...)

    その姿は、私を現実から解放するための隠喩(metaphor)のように感じられました。

    (けれど私の現実とは一体何なのか....)

    そこにとどまることが、穏やかな安定した日常を約束しているかのように信じられた生活の始まりを振り返りました。
    それは、一面のアスファルトを覆う雪の放つ輝きにも負けない光に包まれていたように思い出されます。

    私は、私の日常の場に於いて、この身を根絶やしにすることを正しいと信じるよりないのかもしれません。

    ここを捨てて逃れたとしても、この場をなかったことには出来ないでしょうし、記憶の凍結を永久に試み続けることも不可能のように思われます。

    ある種の安定(?)を約束された生活の場とは裏腹にある、愛する人を求める精神は、宙をさまよい続けます。
    そして永遠ではあり得ないことを知るとき、恋人へと注がれる眼差しは悲哀に彩られてゆきます。

    愛する人の姿を目前にして、やがてはそれを失うことを知るとき、その肉体が不滅ではないことを垣間見るとき、人は、私は...
    身を切られるような切なさで、相手に対してノスタルジックな感情を抱いてゆくようです。

    この切なさー苦しみこそが、人を捕らえて魅惑し続ける不滅の誘惑のように思うのです。

    儚くて、到達しがたくて、めぐりめぐってゆく束の間の夢をあなたと...
    そう願ってやみません。

    ( 2001.2.23 川村法子 )


  • 川村法子 Index / 1998 / 2000 / 2002