About Solitude Point


About Solitude Point

萩谷茂さんの写真展が京セラコンタックスサロンで開催されることになった。 黒の濃淡で再現された、荒涼とした風景の写真は静かに私の心に沁みた。 見知らぬ土地を興味本位で歩いていたら迷いこんでしまった所みたいな写真が並んでいる。 そこにはコンセプトのようなものは見当たらず、撮影場所の特定もなされていない。 そこは、正義とも悪とも二分されていない静かなポイントの集積のように思える。 その世界を覆っている静寂は何かの支配とは無縁に、ただそのようにしてそこに在るのだ。 そこには、私たちが意識して排除しなくてはいけないものは何もないのだという気がして、 Solitudeな世界はささくれた自分の心をそっとなだめてくれる。

画面に動きを与えるさざ波が、墨の薫りを立ち上らせては、冷たいはずの冬の海に暖かみを与える。 そのポイントでは冷たさと暖かみが入れ替わり、晴天と雨天が入れ替わることはあるとしても、 正と負が入れ替わることも、光と影が入れ替わってしまうこともない穏やかな場所だ。 対立を求める者の声はまだその場所を侵食していないのだろうか。 その前に立つと、あらゆる論理とシステムからゆっくりと開放されていく心地がする。 それは理想的に疲労した身体をジャストなタイミングで寝心地のよいベッドに横たえた時に似ている。 ただそこにある海を眺めて、そこにある砂に触れて、そこにある風に吹かれてみたい。 私はそこにそのようにして、浮かんでいたのであろう雲の流れに思いを馳せた。

縁あって、今回の写真展"Solitude Point"をお手伝いさせていただいた。 日常ではスーパービジネスマンの萩谷さんには、どうしても東京の現場での、物質的な手配に回す時間が、 十分でなかったからというのがその理由のひとつ。 もうひとつには、現実を生きる萩谷茂という人間が、アートするShigeru Hagiyaになる行程を覗き見してみたいという好奇心が、そうすることを後押しした。

先に書いたように私は、Solitude Pointの世界に、タイトルとは裏腹の暖かみのある世界を見たのだけれど、その世界にたどり着く以前の『萩谷茂』を想像したくもあって、写真展会場に、その想像の萩谷茂の世界を文章で構築して展示させていただいた。 この写真展にお運びいただける皆様には、そのような雜文は邪魔であろうことはよく分かりながら、どうにも書かずにはいられなかったというのが正直な気持だ。

写真も展示も素晴らしいのでサロンのソファでひとやすみしてゆっくりおくつろぎいただければ幸いです。


2008.2.23 川村法子


萩谷 茂 写真展「Solitude Point」2008.2.27 - 3.04
京セラ コンタックスサロン東京


川村法子Index