DAIGA's Note


「形見の時計」

同世代友人デザイナーの洞山武士が逝ってちょうど一年が過ぎた。
あの日、二日前に見舞った時には(呼吸は苦しそうではあったが)見舞客を気遣い冗談を言っていた彼が、5分前(2008.10.23 14:58)に逝ったと伝えられた時の驚きや彼に相応しかったお別れ会の様子が思い起こされる。
今夜は、「やぁ、ダイガさん」と言いながら現れ、カウンターの指定席で「○○○さん、キャプテン・モルガン!」と言っていたバーに寄って、彼の往時を偲のぶことにしよう。

Camera : OLYMPUS E-P1 Lens : Carl Zeiss Sonnar f2.8/135mm

(2009.10.23 DAIGA)


「形見の帽子」

一才年上ということでも貴重だった友人デザイナーの洞山武士が逝ってちょうどひと月が過ぎた。
二日前には、呼吸が苦しそうではあったが、冗談を言っていた彼を再び見舞った10月23日午後の病院で、5分前に逝ったと聞いた時の驚き。
倹しく一人暮らしをしていた彼とは思えぬ、眼を泣きはらした本当に大勢の女性たちで溢れたお別れ会。
彼は、最後まで見事に、弟さんや友人・知人を駒として適材適所に配し、自分の葬式まで完璧にプロデュースした。

不覚にも私は、まだ、その衝撃から立ち直りきれていない・・・

Camera : OLYMPUS E-520 Lens : Carl Zeiss Makro-Planar f2.8/60mm C

(2008.11.23 DAIGA)


「ボジョレ・ヌーボー解禁日」

今日はフランスワインの新酒解禁日で、まず、一本目が到着した。
普段の我が家での私の食事時の酒はビール(もどき)だが、この時期から年内いっぱいはワインのヌーボー一辺倒になる。
今年は何種類のヌーボーを飲むことになるのだろう・・・

Camera : Panasonic LUMIX DMC-FX100

(2007.11.15 DAIGA)


「横濱ジャズプロムナード」

年に一度、横浜のストリートがジャズに満ちる。
学生時代に一時モダンジャズのドラムを叩いていたことがあり、昔の仲間が学生バンドの応援に来ていたら会えるかもしれないと思い馬車道あたりをうろうろしてみたが、さすがに今は昔、声を掛け合う機会はなかった。

(2007.10.06 DAIGA)


DAIGA Index / 1998 / 1999 / 2000 / 2001 / 2006-2007 / 2007-2008